埼玉で注文住宅を購入するメリットとデメリット

埼玉で注文住宅を購入する場合は、メリットとデメリットを考える必要があります。メリットは、自己所有の住居をもつことによる安心感です。特に、高齢となってからの賃貸探しは大変です。マンションの所有と比べても、自由度があります。不動産としての資産価値を考えると、メリットは大きいと言えます。デメリットとして考えられるのは、住宅ローンの負担です。住宅ローンは元金の他に、金利負担が生じます、長期にわたり、かなりの金額を返済し続けるのは、負担が大きいと言えます。しかし、現在の金利は利率が低く、税制面での優遇措置もあることから、賃貸と持ち家の住宅費の負担はあまり変わりません。住宅ローンの返済期間中に安定した収入が得られるかどうかが、持ち家を持つか、賃貸で済ますかの分かれ道となります。

戸建て住宅とマンションのメリットとデメリット

埼玉で注文住宅を購入する場合のメリットとデメリットは、マンションと比較することで、わかりやすくなります。マンションは一般に利便性の良い、都市の中心部に建ちます。通勤や通学に便利な立地は、何物にも変えがたいものがあります。一戸建ての場合は敷地が郊外になりがちです。郊外から中心部への交通費と通勤と通学に要する時間は、マンションと比べてデメリットとなります。一戸建てがマンションより優れるのは、自由度です。マンションは改修等に関して、他の住民と共同歩調を取る必要があります。一戸建ては、改修等を自由に決めることができるので、気楽です。一戸建ては、環境の良い立地で暮らすことができます。育ち盛りの子どもがいる場合は、お隣への気兼ねなく、暮らすことができます。庭付き一戸建ては、資産としての価値も大きくなります。

持ち家と賃貸のメリットとデメリット

埼玉で注文住宅を購入する場合の、メリットとデメリットは、賃貸との比較で明らかになります。賃貸は、家計の バランスシートが健全なのに対して、住宅ローンを利用した持ち家は、かなりの期間、 バランスシートに占める負債の割合が大きくなります。返済の終了近くになり、やっと、バランスシートが健全になります。持ち家は、住宅ローンを借りている間の資産を含めた家計のバランスが、大きく崩れる危険にさらされます。持ち家の賃貸に対するメリットは、安心感です。家賃負担が無いため、家賃の滞納により、退去を迫られることもありません。自己所有の家は資産としての価値があり、資産を持つものの余裕が持てます。持ち家にするか賃貸にするかの選択は、住宅ローンの額や返済期間を含めて、無理のない返済が可能かどうかにかかっています。